« 一週間分 | メイン | ベガスのトーナメントが決定 »

2005年 3月 19日(土)

韓国でやってたK-1もどきの感想

今回は何故か721やなくて739やった。

【オープニングファイト】
コ・ヨンソクVSキム・ジョンマン
見てない。
コ・ヨンソクが2-0で判定勝ち。
見てないけど、このランクで2-0の判定なら面白くもなんともないと思う。

【リザーブファイト】
富平辰文VSカン・ミンキ
富平辰文が1RKO勝ち。
富平の相手は素人にしか見えなかった。

【一回戦第一試合】
ガオグライ・ゲーンノラシンVS張慶軍
入場シーンが終わって、さぁ開始ってところでプツッ。
「そのまましばらくおまちください」で、試合が1分以上過ぎてから放送再開。
2Rでガオの飛びハイがヒットしたけど、トータルで見て、噛み合わずグダグダの展開。
ガオグライが3-0で3R判定勝ち。
ガオは転びすぎだし、3Rで決着する内容では無かったと思うが、さすが人気者。
ってか、ガオはこのクラスで普通に闘ってるね。去年のはフロックじゃなかったね。

【一回戦第二試合】
イ・ミョンジュVS堀啓
レスリングのムベ様はともかく、立ち技のイ・ミョンジュまで・・・。
韓国格闘技にディフェンスってものは存在しないのか?
低い次元での死闘。
堀啓が3-0で3R判定勝ち
とてもGPの世界最終予選には見えなかった。ってか、実況がうざい。

【一回戦第三試合】
曙VS角田信朗
さすが、角田、曙にダウンさせられた初めての人として記録に残った。
曙が3R判定勝ち
そして、曙に負けた最初で最後(?)の人としても、記録に残った。
曙は予想通り今までと変わってなかった。こんな茶番、最終予選でやんなよ。
しかし、相変わらず角田はストップにならない回数だけダウンするなぁ。
ってか、ホントに実況うざい。

【一回戦第四試合】
チェ・ホンマンVS若翔洋
えっと、さっきから見世物小屋のショーが続いてるんですが?
チェ・ホンマンが1RKO勝ち
これ、打撃系格闘技ですよね?暴れる豚を制した大男って感じ。
粗すぎるけど、韓国横綱は、一応、曙よりは打撃の練習してるっぽい。

低レベルの前半ブロックと、素人たちの後半ブロック。
この中から開幕戦へ進むのが出るの?
とりあえず、ガオ頑張れ。

【スーパーファイト】
セーム・シュルトVSモンターニャ・シウバ
まぁ、モンタ少しずつ成長を見せ、トップクラスの選手相手にどれだけ善戦しようが、「同サイズの格闘家」が相手だと何も出来ない、と。
シュルトが1R、あっという間にローでKO勝ち
シュルトは同サイズが相手で、モンタとは逆に活き活きしてた気がする。

ってか、フジ!放送にエラーが起こりすぎやから!
上の立場からの言葉で値上げ宣言された直後だけに、余計に腹が立つ。

【準決勝第一試合】
ガオグライ・ゲーンノラシンVS堀啓
ガオにとったら、ヘビーのスピードなんかスローなのかな?
ガオグライが3-0で3R判定勝ち
堀の成長も止まってるなぁ。まぁ、まだ22なので、これからかな。
ガオグライにとって、K-1の低レベル化はチャンスだね。
ノックウィーも今なら大活躍だったのに。

【準決勝第二試合】
曙VSチェ・ホンマン
素人のチェとど素人の曙が、巨体を生かして殴りあう。でも、すぐタオル。
チェ・ホンマンが曙棄権で勝利
ハゲや実況のフォローも、いいわけにしか聞こえない。
連戦不可なら、最初から出んな!富平出したれよ。

【スーパーファイト(僕にとってメイン)】
ピーター・アーツVSカーター・ウィリアムス
カーターが前へ前へ出ないと勝機は無いと思うのに出ないね。
ってか、お互いに持ち味を出せていない、面白みの無い試合だけど、それでも、さっきの試合とは別の競技を見ているようだ。
アーツが延長4R、3-0で判定勝ち
今回は不運もあったけど、カーターはなんか伸び悩んでいる気がする。
アーツも、復活しそうでしないなぁ・・・。

【スーパーファイト】
レミー・ボンヤスキーVSレイ“マーシレス”マーサー
レミー・ボンヤスキーがKOってか、レイ・マーサが、ボンのハイが痛かったので試合放棄
曙やサップより最低。

【トーナメント決勝】
ガオグライ・ゲーンノラシンVSチェ・ホンマン
この体格差で、掴んでパンチは卑怯。後頭部へ打ち降ろしパンチとか、審判は見てないし。
それに、攻めないチェやなくて、ヒット&アウェイのガオが「掛け逃げ」でイエローカードて・・・。
ってか、体格差で大きく勝ってるお前が攻めろ、ウド!
1-0で延長へ。
ウドが3-0で4R判定勝ち
「凄いなぁ」「新しいヒーローの誕生ですよ~」と嬉しそうにほざくハゲ。キモイよ~。
ってか、どう考えても、ウドがガオグライに勝つ事は、凄いことでも何でもない。
でも、「打撃系格闘技」を前提として採点したらガオグライが勝ってた気がするんやけど。
ウドはガードの上から力で押しつぶしてるだけやし。まぁ、シュルトとやったら秒殺されるでしょう。
でも、格闘ロボじゃなくて、木偶巨人の方が開幕戦決定・・・。

去年と同じく、レベルの低い世界予選でした。
どうせなら、ガオグライが優勝して欲しかったよ。

しかしあれだね。体格差が大き過ぎる試合って、ホントにつまらない。
世界最終予選なのに、格闘に「技」が付かない選手が多すぎる。
最近、K-1見ても全然ドキドキとかしない。実況や解説にムカムカするだけ。なんか義務のように見てる自分がいる。
フジ721、739共々、K-1観戦もそろそろ引き際かな・・・、マジで。
あ、でも次はベガスで藤本か。それは観ないと。

投稿者 知 : 2005年03月19日 20:10

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/66


» K-1ASIA GPテレビ観戦記 from MMA The Orange
最近は毎回見る度にガッカリさせられるK-1ですが、今日もなんだかなぁという内容でした。 なんというか試合に引き込まれる熱気が感じられず、いつの間にか横にあった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月19日 22:51



【コメント】

お久しぶりです!TBさせて頂きました。
本当、私も義務的に見ている状態です。でも今回こそ良い大会では…と期待してしまう自分が情けなくなりますよ。

投稿者 MMA THE ORANGE : 2005年03月19日 22:53


韓国は世界最終予選としては、史上最低のレベルだったと思います(ワースト2は去年の韓国)。
なのに、実況とハゲPが絶賛するのが、ほんとにもう気持ち悪くて・・・。
本当に良い試合や本物のスター選手ってのは、余計な煽りが無くても伝わるモンがあるんですけどね。

投稿者 知@管理人 : 2005年03月20日 19:16



このページの一番上へ