« 21グラム@DVD | メイン | 閉ざされた森@DVD »

2005年 4月 17日(日)

リクルート@DVD

就職情報DVDじゃなくて、アル・パチーノとコリン・ファレルの映画。

アル・パチーノと若者のコンビって、ホント凄くハマってると思う。
心理面を重視したスパイ映画って事で、下手にアクションが混ざってるより良かったかも。
誰の言葉が正しいのか判らなくなるような展開に楽しめた。
ってか、CIAの人間とは、親友にはなれないですね。

映画の部屋』でも、もちろん『リクルート (2003年/アメリカ)』を更新。

投稿者 知 : 2005年04月17日 23:59

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/81



【コメント】

ウサポも見ましたよ~
いまいちミスリード系のものなんかもひっかからない私…
根性曲がっているのかもしれません

SAWはなかなか忙しくってまだ見れません
う~ 今週末は絶対に見るぞ~!

投稿者 ウサポ : 2005年04月21日 08:08


リクルートは、序盤~中盤での流れの通りの物語だと思って観ていたので、真相は予想外でした。
「裏」がある映画とは思ってなかったんですよ。

>いまいちミスリード系のものなんかもひっかからない私…
>根性曲がっているのかもしれません

いやぁ、根性の曲がり方には、けっこう自信があるんですが、映画となると、けっこう鈍くて(^^ゞ
某「死んだ人が見える少年」の物語みたいに判りやすい「秘密」なら、すぐ気付くんですが。

投稿者 知@管理人 : 2005年04月21日 21:43


あ、その「死んだ人が見える少年」のは、最後のメイキングで複線があったっていうのを見て、愕然としました だって、そんな入口に本が積まれてたとか気づかなかったんだもん…あと、イスを動かしただのどうのとかも
おっとっと、「秘密」に愕然したわけじゃないよん

投稿者 ウサポ : 2005年04月22日 08:41


>「死んだ人が見える少年」の

メイキング見てないです。いや、見たかも知れ無いけど、覚えてないです(^_^;)
伏線の説明なんかあったんですね。たぶん、それには気付いてなかったです。でも、ブルースさん関係が、隠しきれていないというか、違和感ありまくりで、加えて、この手の物語ではよくある話だったので。
先に「秘密があります」なんて謳い文句が無かったら、多少の違和感は気にしないで見てたかも知れないんですけどね。

投稿者 知@管理人 : 2005年04月23日 00:18



このページの一番上へ