« 呆れを通り越して感心するよ | メイン | フォーガットン@劇場 »

2005年 5月 28日(土)

K-1WGP2005 パリ大会の結果と感想

スカパーにて録画観戦です。

欧州放送用でホーストが解説らしい。日本の放送では谷川やのに。差が大きすぎ。あ~羨ましい。

【リザーブマッチ】
グレゴリー・トニーVSピーター・マイストロビッチ

少なくとも韓国の青いのよりは強い二人のリザーブマッチ。

技術に差は無いと思うんやけど、体重差があるので、重さに大きな違いがありそう。
ローを効かせて、徐々にグレゴリーがペースを掴む。
マエストロビッチのカウンターも何発か巧く当たったけど、終始グレゴリーペース。グレゴリーはローに固執しないで練習してきたらしいパンチとかを試していたような気がする。

グレゴリー・トニーが3R判定勝ち
韓国の決勝よりレベルが高かった。

【1回戦第1試合】
アレクセイ・イグナショフVS内田ノボル

またも「膝禁止のパリ」にエントリーされたイグですが、体格は動けるときのサイズになってる。
ただ、勢いのある内田と無いイグナショフなので、差は縮まってるのでは。

体格で感じた通り、イグナショフの打撃スピードが速い。でも、体力にはやっぱり不安。
イグナショフの手数が少ない。それに、怪我が酷いのか、蹴りが全くでない。
3Rに入っても、手数は内田が圧倒。ラスト30秒を切ってから、初めてイグが蹴りを使うが、迫力はなし。
実況、解説ともに、内田のローのせいでイグナショフの脚が使えないと言っていたが、1Rから使えてませんでした。元々の怪我がかなり重症だったのかな?

内田ノボルが3R判定勝ち

イグに勝った内田は祝福したいが、イグは(故障のせい?)試合終了間際までパンチのみだったし、膝は禁止されているし・・・。
ムエタイファイターイグナショフは、本来の実力の数パーセントしか出せていなかった気がする。
体格はいい感じに絞っていただけに勿体無い。
でも、元々イグナショフって「勝利に貪欲」ではないですよね。

【1回戦第2試合】
アジス・カトゥーVSナオフォール・アイアンレッグ

パンチVSキックらしいけど、パンチのカトゥーの方が小さいので厳しそう。

1R中盤、カトゥーがハイキックでふっとばされる!でも、なんとか起き上がる。
再開直後、もいっちょハイキックでカトゥー撃沈。

ナオフォールが1RKO勝ち

特に一発目のハイキックが見事だった。
でも、カトゥーの動きが悪すぎたのと、時間が短すぎたのとで、まだ評価はできない。
とりあえず、大きな期待が残った選手。

【1回戦第3試合】
セーム・シュルトVSピーター・ボンドラチェック

イグ亡き今、動ける巨人シュルトを応援します。(ボンドラチェックも好きだけどさ)
イグ同様、膝が無いのは辛いけど・・・。

1Rは、ボンドラチェックが予想に反して攻勢になることが多かった。やはりGGは今、呪われているのか?
2R開始直後も出るボンドラチェック。ボンのテンポについていけない巨人!
しかし、追い込まれるシュルトの何気ないミドルが効く。
逃げるボンに追うシュルト。前蹴りがボディに入り、ボンはスタンディングダウン。
試合は続行。ロープ際、シュルトのカウンターが、ボンの大振りパンチの腕に当たったが、そのまま倒れるボン。
レフェリーはここでストップ。

シュルトが2RKO(TKO?)勝ち

「ボン」が二人いるとややこしいしね。

【1回戦第4試合】
ノブ・ハヤシVSフレディ・ケマヨ

既にジャパンGPにもエントリーされている時点で、K-1側としては、ノブの優勝は絶対にないと判断してる気がする。

ケマヨの左右のフックが確かに速いが、それに殆ど反応できていないノブもどうかと思う。
1R2分過ぎ、ロープ際で連打、クリーンヒットは無いものの、ノブダウン。いくら何でも、動きが悪すぎる。
再開直後、同じようなダウンをもうひとつもらってEND。

フレディ・ケマヨが1RKO勝ち

ケマヨ、重さは無さそうだけど、動きが速い。
シュルトから9分間、逃げ切れるか?

【準決勝第1試合】
内田ノボルVSナオフォール・アイアンレッグ

藤本に次いで、二人目のWGP予選一回戦突破した日本人。
カトゥーに完勝したナオフォール。
初戦は相手の調子も”?”だったので、これでお互いの真価がわかるかな?

1Rはナオフォールかな?でも、内田も別に悪くない。
2R、内田が押されている、とはあまり感じないけど、手数と速さでナオフォールの印象が良いと思う。
3R開始直後に内田がローブロー。でも、ナオフォールの動きは、大きくは鈍らない。
結局、全てのRでナオフォールが若干優勢だった。

ナオフォールが3R判定勝ち

内田は頑張ったけど、ナオフォールの真価はまだわかんないです。

【準決勝第2試合】
セーム・シュルトVSフレディ・ケマヨ

1R、ケマヨは全く自分の間合いに入れず。ただ、シュルトが何故かレフェリーにしきりに注意を受けていたのが気になる。
2R、何故かシュルトがイエローカードをもらう。パリルールもわけわからん。はぁ?シュルトがレッドカード・・・。ちょっと露骨な贔屓ジャッジでは?ホールドは問答無用で一切禁止?WGPって、どこの予選に参加するかでルールを覚えなおさないとあかんのね。
3R、負傷した脚で蹴り続ける根性のあるシュルトがハイキックでスタンディングダウンを奪い、そのまま
KO勝利。良かった・・・。でも負傷は心配。

シュルトがKO勝ち

膝を禁止され、脚を負傷し、クリンチどころか、くっついてきた相手を振り払うだけで反則扱いされるシュルト・・・。
そんな実力を殆ど出し切れない状態での決勝、凄く心配。ハゲは新星って言葉が好きやし・・・。

【スーパーファイト】
角田信朗VSマーベリック

ナルシスト親父と知らない総合の選手。
どうでもいい試合。

角田が右フックで1RKO勝ちだとさ。

角田Pが1RKO勝ち

同体格のおっさん(年齢は知らないけど、顔は老けてた)相手とはいえ、一撃で倒したのは大したもの。
といいたいが、純K-1時代から、正道の人に「K-1で八百長は角田だけ」と聞いていたので、素直に観れない。
リング上でのフランス語の挨拶が、ナルシスト全開で気持ち悪かった。

【スーパーファイト】
ジェロム・レ・バンナVSシリル・アビディ

今年の初めに、アビディが練習中のバンナのところへ乗り込んで、ストリートファイトでバンナを失神KOしたという胡散臭い噂。
実況が普通にこの話をしているが、真実やったん?なら、絶対にバンナに勝って欲しい。
でも、バンナも脆いからなぁ・・・。乱打戦になったらやばそう。

1R、バンナの圧力のせいかもしれないけど、アビディ、すっころびすぎ。闘争心で空回りしているアビディと大人の対処をしているバンナって印象。
2R、アビディが出るが、カウンターでバンナがダウンを奪う。でも、バンナが目じりをカット。アビディに回復の時間を与えてしまう。ただ、乱打戦になってもバンナは冷静。
3R、バンナの右目の上が、物凄く腫れている。
中盤、右フックでアビディダウン。しかし立ち上がる。その後のアビディ、パンチでふっとばされるも、ロープを掴んで耐える(いいのか?)。
たんこぶバンナ4R、普通に打ち合ってたのに、何故かアビディがスタンディングダウンをとられる。これは酷い。
バンナの瘤が、ドクターチェックが入るくらい凄い。終盤、バンナが打たれてふらふら。バンナは回復が遅いので心配。
5R、お互いにふらふらながら、根性の乱打戦。終了直前にアビディのセコンドが何を思ったのか、リングに入ってくるというわけのわからんシーンもあったが・・・。
結局バンナのパンチ→突き飛ばしでKO、ラスト10秒で試合終了・・・。ってか、KOの決まり手は突き飛ばし?

バンナが5RKO勝ち

序盤の、気持ちが昂ぶりすぎているアビディと冷静なバンナをみる限り、なんか、本当にストリートファイトなんかやったのかな?って思う。

【決勝】
ナオフォール・アイアンレッグVSセーム・シュルト

長所をルールで封じられたシュルトにとって、かなりの難敵では?
ってか、フランスの観客は選手に対する贔屓が露骨過ぎ。

1R、甲乙つけ難し。
2R、シュルトの痛い右ストレートが効いて、ナオフォールがしゃがみこんでダウン。カウント9で立ち上がったナオフォールにレフェリーが確認すると、横に首を振ったナオフォール。この程度の男か・・・。

シュルトが2RKO勝ち

ルールに縛られ、ブーイングを浴び続けても完璧なKOで優勝したシュルトは偉い!
いつも思うが、フランスの観客は素直にアウェーの選手を祝福しないので嫌い。
さぁ、あとは石井館長時代のように干されないように祈るのみ(あの時は代わりがホーストだったので、我慢できたけど)。まぁ、ハゲは巨人が好きなので大丈夫かな。
願わくば、開幕戦は青木偶か武蔵とやってほしい。

さぁ、GGに光が射したよ!頑張れ、レコ!

投稿者 知 : 2005年05月28日 17:20

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/101


» K-1 パリ大会観戦記(もちろんTVです) from MMA The Orange
日曜の19時からというK-1にしては珍しい放送時間のため、危うく見逃すところでした。何とか外出前に思い出して録画することが出来ましたが危なかったぁ…。 それで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月03日 09:51



【コメント】

予選毎にルールが異なるのはホントどうにかしてほしいですよ。見てる側もやる側も混乱しますね。
しかしバンナの腫れはヤバかったですよね。あれで続行は危険な気がします。

投稿者 MMA THE ORANGE : 2005年05月30日 22:47


ルールが著しく異なる国では、WGPの予選はやるべきでは無いと思うんですよ。
ってか、膝、ホールド(&首相撲)が反則になるような大会に、それがウリのイグやシュルトを出さないで欲しい。

バンナの腫れは怖かったです。
止められて負けは嫌だけど、勝っても大事になったらもっと嫌だなぁ、と。
実際、大したこと無かったみたいで良かった。
でも、止められていたら、反則によるストップなので、負けでなくそのRまでの判定ですよね(ルールが変わってなければ)。
なら、止められても勝ってたのかな。

投稿者 知@管理人 : 2005年05月31日 23:48



このページの一番上へ