« ガリレオ | メイン | どこかで見たドラマ »

2007年 9月 22日(土)

自民党総裁選を考える

明日に投開票を控えた自民党総裁選について考える・・・

なぁんて考えなくても福田康夫首相で決まりでしょ。
だからこの件については話題にすらするつもりは無かったんですが・・・。

福田さんも麻生さんも政治家の中では好きな方です。
麻生さんは感情的になりがちなイメージがあり、失言とかで野党に突っ込まれそう。
だから福田さんでいいかな・・・と前回の総裁選の時(福田さんが立候補しなかったので麻生さんを応援でした)から思っていました。
「安倍首相」には最初から大反対だったんで(-_-;)

でもさ、今回の流れは良くないでしょ?

・辞任の嵐(安倍失脚へ加速)
・「麻生と与謝野に騙された」と安倍総理が呟いた(麻生氏を失脚へ誘う)。
・総裁選候補者の相次ぐ辞退(派閥談合)。

やらせっぽいでしょ?
そもそも「麻生と与謝野に騙された」なんて安倍総理本人が言っていないって否定してんのに。

全てが黒幕連中が望む「福田傀儡政権」誕生のための数ヶ月に渡るシナリオ。

政治の黒い部分がいつになく色濃く世間に伝わってくる今日この頃。
そんな中、特に生理的にだめなのが片山さつきを筆頭とする小泉チルドレン達。

福田支持の理由について片山さつき議員曰く
「小泉総理が福田氏を支持したので」
って・・・、お前に意思は無いのか?しかも小泉さんは「元」総理。
僕は小泉さん自身は否定しないが、子供達の信者ぶりは目に余る。
おまけに片山は安倍首相辞任についてカメラの前で
「これはクーデターです。支えると言いながら後ろから刺した人がいる」
と言ったとか。
アホもここまで来ると救えない。
奴らに比べるとお子様議員の杉村太蔵が随分とマシに見えるよ。

そもそも福田さんは「安定期の首相」に向いているんです。彼では野党の勢いを押し返せない。
逆に麻生さんは「安定期」には向いていない。逆境の今だからこそ、自民党総裁に就くべき人物。
まぁ麻生さんでも「民主が与党に」の流れは変えられないだろうけどね。

でも福田さん圧勝のシナリオがここまで完成されている状態で、国民の人気が比較的高い麻生さんが逆転勝利すると・・・。

そんな結果になったら、その時点で民衆心理が麻生さんに傾いてるわけだし、そのまま民主に勝てるかも。
そこまで考えたシナリオだったら凄いんですけどね。

とりあえず現与党を支持している僕としては、3戦全敗が濃厚な麻生さんを応援します。

福田首相になったら高い確率で短命でしょう。
まぁ一旦、民主に政権を奪われたらいいさ。
どうせすぐに自民、公明に戻るだろうけどね。

民主も与党なんて器じゃ無いが、いまやどこがなっても変わんないよ。
でも監視員(連立)がいる現与党の方がマシってだけ。

・・・さぁ明日の出来レースの結果はいかに?

投稿者 知 : 2007年09月22日 22:10

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/144


» 自民党総裁選 前夜 from 本質
明日、自民党の総裁選です。 まあ、結果は見えていますけど・・・福田総裁の誕生、福 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月22日 23:09

» 麻生クーデター説流したのは片山さつき from ラサのブログ
■「改めて深くおわび」安倍首相、都内の病院で陳謝の会見(読売新聞 - 09月24日 17:22)http://news.mixi.jp/view_news... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月25日 19:49


このページの一番上へ