« どこかで見たドラマ | メイン | 祝!ジャイアンツ優勝!! »

2007年 9月 30日(日)

K-1GP2007の開幕戦、雑感。

地上波を録画観戦。もうスカパー解約したし~。

放送順に簡単な感想をば・・・。

【シュルトVSスロウィンスキー】

消化不良。
とりあえずシュルトの膝を受けないことがトップファイターの条件ですよ。

シュルトが普通にKO勝ち。

【ハリッドVSグラウベ】

グラウベには魅力が無い。
ベスト8ファイターとして安定はしているが優勝するような力は無いですね。
ハリッドがあと少し賢い闘い方ができたなら・・・。

慎重派のグラウベが判定勝ち

【レコVSボン】

有り得ない糞レフェリー。
ちゃんとボンに向かって行ってるのにストップて・・・。しかも残り時間はあと十数秒。
ボンを勝たせるために止めたとしか思えない。
ってか実況さん、レフェリーは大成じゃないよ・・・。

終わらせたくない時は10カウント過ぎようが無理やり選手の手を持ってファイティングポーズ取らせる癖に。

いい感じの攻防だっただけに残念。
紀香の「なんでぇ!」がこの試合の全て。

今日のベストになれる予感がする内容だったのに、試合どころか大会自体が台無し。
レコがもっと人気者だったら大問題なのに。残念。

ボン&糞レフェリーがコンビでKO勝ち。

【バンナVSパクヨンス】

ミスマッチ。ただの公開処刑。

バンナがぶん殴ってKO勝ち。

【ハリVSダグ】

ハリが初期と比べてかなり好青年になっていて別人みたい。
初期のキャラは嫌いだったので良いことです♪

さて、ダグさん頑張ったけど、やっぱりハリ強いね
順当過ぎて面白みは無かったけど、最後の右ストレートは素晴らしかった。

ハリが無難にKO勝ち。

【藤本VS澤屋敷】

藤本は好きな選手だけど、日本最強、アジア最強、とは別に思ってないんですよね。
正直、安定感やスタミナが無さ過ぎ。

残念だけど藤本は澤屋敷みたいなタイプには勝てないよ。
と最初から思っていたけど、思っていたよりも差が大きかった。

澤屋敷が大方の予想通りKO勝ち。

澤屋敷も藤本に負けるようなら本物じゃないですからね。
澤屋敷は鼻の負傷っていう大きなハンデがあっての完勝。武蔵戦(引退試合?)を見たい。

【アーツVSセフォー】

終幕が近いセフォーと第三幕が始まりそうな予感のアーツ。

アーツが貫禄のTKO勝ち。

二人の今を象徴する試合。とは言え、セフォーは酷かった。
風邪引いてるとは言ってたけど、そんなに酷いのか?

【モーVSホンマン】

正直、どうでもいいリベンジマッチ。

ローブローを着実に決めたホンマンが判定勝ち。

有り得ない糞レフェリー2人目・・・。

10回やれば7回はモーが勝ちそう。
何気にちゃんと成長し続けていたホンマンもついに限界値に来たか?


さて本日の総評は・・・。

レコ戦、モー戦など相変わらずのK-1にウンザリ。
格闘技界に残った最後の良心、ピーター・アーツに期待。

ってとこですかね。

20世紀のK-1はドキドキハラハラで、終わった後も興奮が持続したもんですが、最近はなんか気分悪いです。

ノゲイラが早くもUFC離脱って噂も出てるしハリトーノフは映されないしミルコは連敗するしショーグンは1本負けするしPRIDEは完全に消滅って噂もあるし麻生さんは失脚したし・・・(麻生さん関係ない)。

格闘技界は冬、じゃなくて氷河期に入りそうな予感かな(-_-、)

投稿者 知 : 2007年09月30日 01:00

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/147


» Kー1WORDLGP開幕戦IN韓国 from スポーツ瓦版
Kー1WORDLGP開幕戦のトーナメントが韓国で行われて 地上波を見てトーナメント勝利し横浜に進出の8人が決定した シュルトは余裕でKO勝利しクラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月30日 08:30

» K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL 16 TV観戦記 from KNOCKOUT!! blog.
韓国ということで観に行けないのでテンションあがってませんでした。 しかし、さすがに開幕戦だけあってかなり面白かったです。 K-1お得意のインチキレフェ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月30日 14:00



【コメント】

レミーvsレコは妥当でしょう。
ファイティングポーズを取ってなかったし、目もうつろだったから止められてもしかたない。
ボクシングでも昨日のレコと同じような状態の選手をストップすることは多いです。
それに続けさせても、レミーの勝ちは動かなかったのでは?
まあホンマンvsモーは何と言われてもしょうがない糞試合でしたが…

投稿者 Liam : 2007年09月30日 09:44


レミーvsレコは俺も妥当だとは思う。
ただ、
>終わらせたくない時は10カウント過ぎようが無理やり選手の手を持ってファイティングポーズ取らせる癖に。
も事実(苦笑)
実際その後の他の試合では手が上がってなくてもカウント止めてた様だし。一貫してないとこが問題だよな...
なによりあれでは選手が納得しない。

投稿者 プンプン麻呂 : 2007年09月30日 10:52


>Liamさん

コメント有難ございます(^-^)/
確かに続行したとして、レコがあのダウンを喫した時点で考えられる結果は、確率の高い順に
①レミーの判定勝ち
②レミーのKO勝ち
③レコの判定勝ち
④レコのKO勝ち
だったと思います。
でも、あのタイミングでのストップは妥当とは思えませんよ。
レコファンの視線ですが、何度VTRを見ても、目に力が無いようには見えないです。逆に闘志を感じますよ。
何より残り時間は10数秒なんですから・・・。

>プンプン麻呂さん

コメント有難ございます♪
ファイティングポーズ自体には、これまでK-1ではあまり重視していなかったように思うんです。
特にトップファイターがダウンした場合は、ポーズをとらなくても選手に続行の意思確認を(半ば強引に)するのが慣例でしたから。そう考えると、今やレコは噛ませでしか無いんですかね(-_-、)

紀香があれだけ驚いた裁定に関して一切触れない谷川やマスコミに、レコの存在の小ささを感じて悲しいです。
どこを見ても「レミーがレコを1RでKO」としか書いていないっす・・・。

ちなみに無理やり続行した試合で一番印象に残っているのはホーストVSバンナの骨折試合ですかね(-_-;)

投稿者 知@管理人 : 2007年09月30日 19:59


なるほど、管理人さんはレコファンなんですね。
私はレミーファンですが、客観的に見てもあのストップは問題ないと思います。レコの足もふらつき気味でしたし。
それに残り時間が10数秒ということですが、昔ボクシングの試合でダウンから起き上がってもファイティングポーズを取らなかった選手をレフェリーがストップした時、何と最終ラウンドの2分58秒だったということもあります(いやぁ、この試合は名勝負だったな…)。
タイムキーパーは時間を把握してますが、レフェリーは把握してないんですよね。

それにしても、レコっていつからあんな嫌味なキャラになったんでしょうね?

投稿者 Liam : 2007年10月01日 22:28


TBありがとうございます。レコはPRIDEに一度移籍したときに価値を落として、K-1に戻ってきたから、こんな扱いになってしまったんでしょう。昔ならばこんな扱いされませんでしたから。

投稿者 スプレー日記。 : 2007年10月01日 22:52


>Liamさん

10年くらい前のヨーロッパGPの頃からレコファンだったんです。
・・・とは言っても一番じゃないんですが(^_^;)。

>それにしても、レコっていつからあんな嫌味なキャラになったんでしょうね?

昔は「伊達男」だったんですが、それは”期待の若手”だったからであって、同じような言動でも”イマイチ結果を残せていないベテラン”となると皮肉屋に映ってしまうのかも知れないです。

今回は地上波の画面越しでしたので、レコはまだまだ元気いっぱいに見えましたが、各所で「まだ出来た」「仕方ない」など様々な意見を聞きますので、実際には微妙な状態だったかも知れないです。
でも、”レコなのに”あんな止められ方をしたってのが、彼の現在の立ち位置を顕していて切なくなります(-_-、)

まぁボンも一時は反則された被害者にも関わらず、ハゲPに”悪徳銀行員”って罵られてましたからね。
そこから結果を残しての今の立場なので、レコにも茨の道を実力(と運)で突き進んで上がって来るよう期待するしかないっす。もう歳だけど・・・。

>スプレー日記。さん

コメント有難うございます(^ー^)ノ
PRIDEでの株の暴落は凄まじいものがありましたね(-_-、)

2003年はアーツ、ベルナルド、フィリオに連勝し、ホーストも欠場で初めて優勝候補筆頭とまで言われてたんですけどね。なのに開幕戦で消えたはずのボタを出すために谷川に陥れられて契約解除。
(実はこれが原因で僕のHPは閉鎖しました(^_^;))
なのにPRIDEでの惨敗を機に、無条件降伏で復帰ですからね。レコはもうK-1に文句を言えない立場になっちゃいました・・・。

・・・ってか、レコは以前から館長はともかく、谷川には好かれてなかったように思います(-_-、)

投稿者 知@管理人 : 2007年10月02日 03:22


>ローブローを着実に決めたホンマンが判定勝ち。

思わず吹き出しましたよ笑!
でもそう取れちゃいますもんね。
あの時、だれか一人でも「おかしい」と声を上げていたら報われたんですが…。

投稿者 MMA THE ORANGE : 2007年10月08日 10:48


>MMA THE ORANGEさん

コメント有難うございます♪
誰も「おかしい」と言えない空気でしたね・・・。
なんせPの谷川が「腸蹴り」なんていう格闘技では有り得ない新語を作って「効果的」と連呼してましたから(-_-;)

腸蹴りて・・・。
膝蹴りとパンチならヘソより下は反則のはずですが、前蹴りなら直撃の金的以外は反則にならないんですかね?
って、直撃でしたけど(^。^;)

投稿者 知@管理人 : 2007年10月08日 23:58


あれは
「腸の調子がおかしくて下痢気味である」ということの略ですよね?
おなかをこわしているあいてに金的は有効であると(もはや意味不明)

まあ、さすがに無効とされた様ですが。

投稿者 ゲーリー : 2007年10月10日 09:08


>ゲーリーさん

コメント有難う御座いますヽ(´▽`)/
なるほど、腸下痢でしたか・・・。
それなら確かに厳しかったでしょうね(-_-;)

>まあ、さすがに無効とされた様ですが。

でも、「無効でもホンマンが優勢」は無理がありますよね。
僕の目には優勢には見えませんでしたが、100歩譲ってホンマンが優勢だったとしても、モーは金的でインターバル無し、しかもダウン宣告を受けた焦りを抱えて戦わざるを得なかった時点で、アンフェアですよ。

投稿者 知@管理人 : 2007年10月10日 22:13



このページの一番上へ