« CCNA試験 | メイン | 巨人の2007年が終了・・・ »

2007年 10月 17日(水)

亀の謝罪会見

気分が悪いので、もう今回の亀の事には触れないでおこうと思ったんですが・・・。
とりあえず「処分」が決まったのでもういいや、って思っていたんですが・・・。

本日、公の場で亀田の謝罪会見が行われました・・・。

・・・反省なんてしてないですよ。

あれだけの事をしておいて、一言も発せない亀2。
ショックで?そんなわけあるか。
素人の18歳ならともかく、公式の場であれだけの暴言を繰り返せた奴ですよ?
リングの上で上手くも無い歌を独唱するような奴ですよ?
そんな奴が「申し訳ありませんでした」の一言も言えないって?

「謝りたくない」から黙ってただけでしょ?

切腹しようとした?止めた?
本気なら、止められるもんじゃないですよ。24時間、常に監視されてるわけじゃないんですから。
自分で坊主にした?んなわけあるか。

「なんで謝罪せなあかんねん」て言ってた連中が「解雇」か「謝罪」かと迫られて、仕方なく謝罪を選んだだけでしょ?

極めつけは毒入りオレンジ事件の息子、金平会長の言葉。

「結果がすべて。勝てばよし。負けたら何も語るものではない。負けたわけですからどのような批判を受けても仕方がない。また一からやり直し」

この男、”負けたから”非難されていると思っているんです。

あんなエグい反則を繰り返そうが、勝てば正義と思っているんです。
こいつの考え方だと、勝つために反則を磨くのは正当って事になる。
悪事と確信して反則している亀田と悪いと思っていない金平と、どっちがタチが悪いのかは判断できないけど、どっちもボクシング界から追放すべきですよ。

まぁ、この会見の評価は今後の態度ですね。
とりあえず、これまでのような不遜な態度や露骨な反則は、常識があるならもう無理でしょう。

投稿者 知 : 2007年10月17日 22:40

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/153


このページの一番上へ