« プラチナデータ@東野圭吾 | メイン | ドイツ敗退・・・。 »

2010年 7月 6日(火)

踊る大捜査線3@劇場

仕事帰りに観てきました。

特に映画館で観たかったわけでは無いんですが、アバター以降、映画館へ行ってなかったので、そろそろ禁断症状が出てきて・・・。

邦画独特の、私語するクソカップルやグフグフ笑うババァがいてうざかったが、なんかもう諦めた。最近、難波で観る事が多いので洋画でもマナーの悪い客が多くてきりが無いし(-_-、)

映画は、、、テレビで十分な内容でした。

ドラマシリーズから見てた者にとっては、巡査の二人組みが刑事になってるのは感慨深いモノがあったし、大人の事情で出れなかった雪乃さんが名前だけでも出てきて安心しました。存在が消されてるような気がしたので。
ただ、ドラマが元なので、2時間程度の今回の物語にはぜんぜん重要でないキャラが多すぎるんですよね。しかも新キャラが多数いるので、ますます混雑して・・・。それでもそんな彼らに少しずつでも見せ場を与えようとするから、なんか薄っぺらくなっちゃって。新キャラなんかは次回作以降やスピンオフドラマなんかで使うつもりかな。
ドラマ見てる事が前提の映画なので、もし観ていない人がこの映画を見たら、面白さは殆ど感じないかも。
あ、でも小泉今日子の不気味さは鳥肌ものでした。これだけは映画館と自宅のテレビじゃ伝わり方が違うかも(^_^;)

でもまぁDVDか地上波で良かったなぁってのが一番の感想です。

投稿者 知 : 2010年07月06日 13:20

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/191


このページの一番上へ