« 参議院選挙 | メイン | インセプション@劇場 »

2010年 7月 13日(火)

参議院選挙2010総括

非常に不満です。

民主党が44議席?
どう考えても多過ぎでしょ?

マスコミの悪意に貶められただけの麻生政権の惨敗(昨夏の衆院選)っぷりに比べれば、負けてるうちに入らない。
しかも1人区で自民が獲ったってだけで、比例は民主が実質圧勝なわけで、結局、国民の多くは、未だに民主幻想から醒めてないバカばかりって事。

谷が民主比例の2位当選って。アホか?
橋下を未だに支持してる大阪府民並にアホや。(←大阪人、目を醒ませ)

反日教育のドン、輿石も生き残ったし、ていうか、約3700票の僅差。
惜しいね。共産が候補を立てなかったら落とせたのに。
これでこの糞爺は80歳まで税金で贅沢できるって事。ヤダヤダ。
ていうか、ドンの危機だったわけだし、調べれば日教組絡みの不正が絶対に出てくると思う。
圧力に負けずに然るべき調査するかどうかで国の教育の運命が変わる。

白真勲まで当選って、ほんとこの国に正義は無いのか?

あとアンチ民主で「みんなの党」に投票したと誇らしげに言うバカが多いのにも呆れる。
「みんなの党」なんか劣化民主やし。
渡辺が反民主を気取ってるのは単に昨夏の衆院選後に民主党に連立を持ちかけて無視されたからってだけ。首相指名も「鳩山」に入れてたし。
マニフェストに奇麗事を並べてるけど、政策の日本人にとってマイナスな部分は民主党と一致してる事が多いし、明らかな左翼政党。

今回の参院選は「保守」VS「売国」だと思ってました。
そう考えると、「みんなの党」は「売国」組です。
なのに何も考えずに「みんなの党」に投票したのは、単にマスコミが”「みんなの党」が第3極として自民や民主に嫌気がさした人の受け皿となっている”と繰り返し報道し、それに流されただけ。

バカは仕方ない。バカなんだから。
でも、日本にその”バカ”があまりに多すぎる。
民主主義の国を滅ぼすのは政治家ではなくバカな国民なんだよ。
まったくも~!

これで公明党が節操無く民主党と組んだら日本は終わりやん。
自公時代は公明も信じて応援してただけに、蝙蝠はやめて欲しいよ。

あ~外国人参政権が成立する日は近いね・・・。

投稿者 知 : 2010年07月13日 12:25

このページの一番上へ

【トラックバック】

このエントリーのトラックバックURL:
http://100.chips.jp/blogset/mt-tb.cgi/194


このページの一番上へ